メタボ解消散歩~岩屋山~十郎岳

いつの間にか、9月だ。(笑)
8月は結局、2日に井原山へ行って以来、山歩きをできなかった。

9月になってすぐの1日は久しぶりの休み。
どこかへ行こうと散々迷った挙句、久しぶりに岩屋山へ行くことにした。
そして、どこから登ろうかとしばし考える。
いつもの樫原霊園からの裏尾根ルートは藪ってそうなので却下。
油木からの自然歩道ルートは、ちと遠い。
結局、岩屋神社から登ることにした。






家から岩屋神社までも、メタボ解消散歩を兼ねて歩く。
歩きながらお宮さんにメール。「今から岩屋山に散歩しますよ」
全く期待はしてなかったが、何と山頂に昼過ぎに来れるとの返事。(驚)
いやー、いつも突然ですみません(汗)
お宮さんは、油木から登るらしい。

岩屋神社に到着。予想以上に時間がかかった。多分1時間30分ぐらいだ。

実を言うと、岩屋神社から登るのは今日で2回目。
一昨年、初めて兄に連れて行ってもらったとき以来だ。
神社の奧から谷コースを辿る。
d0152306_1762257.jpg
d0152306_1765488.jpg
日当たりがいいからだろう、いろんな花が咲いている。
途中には、ヘビさんもいた。マムシではなさそう。真っ黒なヘビ。

谷コース。ん?こんなにきつかったかな?何度も立ち止まる。
ん~おかしい。登山口までの車道歩きでへばったのだろうか。顔が火照ってとても暑い。
ついには、岩に腰をおろして休憩してしまった。
僕は、一人で歩くときはあまり休憩をとらない。
ましてや休憩で座り込んだのは初めてのような気がする。
5分ぐらい座ってるとだいぶん楽になったので、気を取り直して歩き始める。

ほどなく山頂へ到着。放心状態で、日陰のベンチに座り込む。
上半身裸になり、靴も脱ぎ裸足に。風が気持ちいい。

そうこうするうちに、常連さんたちが次々に現れる。
僕が座ってたベンチは常連さんたちの指定席みたいなので、反対側のベンチへ移動。
まだ日が当たってるが、すぐに木陰になりそうだ。
お宮さんが来るまでまだ間がありそうだったので、空腹に耐えかねておにぎりを2個食べた。
ラジオを聞きながらボケーとしてるとお宮さん登場。

お宮さん、今日は山頂での初調理。カレーうどんを作っている。
d0152306_1783494.jpg
僕は暑くなったのでラーメン作りは止めてるが、人が作ってるのを見ると欲しくなってくる。
我ながらさもしいものだ(爆)

そして、道がよくわからないが、十郎岳へ行ってみることにした。
眺めがいいらしいので以前行こうとしたが、その時は道がわからず断念。
あいかわらず道はわからないが、適当に行ってみる。

途中でZさんに会ったので聞いてみる。
説明を聞いてもこちらの知識不足のためよくわからないが、とりあえず今の道を行けばいいらしい(笑)
うまいこと標識を発見し安心して進むが、途中でまた自信がなくなり兄に電話して聞いてみる。
これまたよくわからないが、とにかく進む。

すると、展望の開けた岩場に行き着いた。
特に標識はないが、ここが十郎岳なのだろうか。
確かに展望は開けているが、さほど感動のない景色(汗)
d0152306_171019.jpg


ここから岩屋山へ登り返すのも気が乗らなかったので、かきどまり運動公園方面へ下ることに。
岩屋山からずっと気持ちのいい山道が続いていたが、途中から岩だらけになった。
d0152306_17112058.jpg
尾根筋にこんなに岩が残ってるのも不思議なものだ。
随分歩いた頃、
d0152306_17121584.jpg
おー、十郎岳だ。
d0152306_17122982.jpg
いい眺めだ。でもちと恐い。(爆)
d0152306_17124192.jpg
岩の下はがけになっている。
d0152306_17173885.jpg
先端の岩場からは270度ぐらいの視界だ。海は逆光で写真がうまく写らないが、海面がキラキラしてきれいだ。
噂に違わぬ景色のよさ。今度は午前中に来よう。お日様が順光だとすごくきれいなはずだ。
運動公園の駐車場からはおそらく30分もかからないだろう。
d0152306_18291738.jpg

[PR]

by osanpowalker | 2009-09-06 23:52 | 山歩き  

<< 9月13日、21日 鳴鼓岳への散歩 7月27日 九州自然歩道(メタ... >>